スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

テレビとベタと月の絵と、

最近古い時代劇をよくみてるんですが、昔の時代劇おもしろいですね。@w@

なんか、いまの時代劇やドラマより全然おもしろいような気がします。いまみてるのは、夜9時から時代劇専門チャンネルでやってる「喧嘩屋右近3」というヤツです。

ケーブルテレビって、みはじめると止まらないんですけど、見なくなると全く見ないです。

以前はアニマルプラネットばかり見ていて、「ミーアキャットの世界」ばかりみてましたがいつの間にか見なくなっていました。フラワー、元気で暮らしてるかしんぱいです。>w<;

あとアニマルプラネットの「怪物魚を追え!」はおすすめです。



今日いっぴきのベタの容器にベタの姿がみえず、飛び出しをしてしまったようす。ひさしぶりやってしまったorz。とおもったら隣の容器になかよくおさまってました。@w@

RIMG0189.jpg

命拾いしたことに気づいておらず、先住民のひとまわりおおきい白いベタをたまに威嚇したりしてました。白いベタにとってはいい迷惑ですね。>w<;

ベタのメス同士だからか思ったよりは喧嘩らしいこともないんでこのまま2匹で飼います。容器もそうあまっているわけじゃないので。

ちなみに飛び出しのベタはこちらのベタです。>w<
なんというか、かなりタフなベタ生(人生のベタバージョン)を生きている気がします。


部屋を掃除してたら昔描いた絵が出てきたんですが、いまみるとけっこういいな! と思いました。

RIMG0148.jpg

月明かりで黄色く染まる雲の上の橋です。わたくし月が大好きなんです。

写真で見るとちょっと上手いようですが実物を見るとかなりヘタです。。


ランキングに参加しています。\>w</
ぽちっとクリック願いします。(*_ _)ペコリ ぜひぜひご協力願います。(*_ _)ペコリ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


スポンサーサイト
2010-11-05 : ベタ : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

久しぶりのベタ

ひさしぶりのベタの話題ですが、現在ドナウとプリンスの子供が15匹ほどおりまして、4つほどに分かれて飼育されております。

RIMG0133.jpg

こちらは最大9匹がおさめられている容器。レッドビー第2水槽にかけられたサテライト(水の循環なし)で育てられています。ベタは単独飼育するまでは混泳が可能ですので、いまでもけんかもなく仲良しです。


RIMG0033.jpg

こちらは4匹がいっしょにはいった容器で、数が少なく餌の量がおおかったのかサテライトのよりも立派です。



RIMG0038.jpg

こちらははじめてのドナウとプリンスの子でこちらの記事ででてきたベタ(記事中ではアダム君の子として紹介されてますが、ドナウとプリンスの子でした)。もういちにんまえですね。


RIMG0028.jpg

こちらはかつてチビと呼ばれていた、繁殖水槽の中で餌の少ない水底でひっそりと育っていた偏屈もの。インフゾリアに恵まれた水面派の稚ベタと比べるとふたまわり以上小さかったですが、なかなか育ってまいりました。


その後にもうひと組の稚魚を取ろうとしたのですが、稚ベタが自然消滅したので失敗したと思いきや、また1匹だけ生きていました。

RIMG0013.jpg

ドナウとプリンス以外の子はいまのところこの子だけです。

ドナウとプリンスの子が育ったらF2をとってみて、ドナウのスペードテールが再現されるかですが、たぶん再現されないでしょうね。>w<;

しかしF1の子たち、どうもしっぽのかたちがちょっと普通じゃないんですよね。

いわゆる品質がわるいと評価されるラウンドテールというヤツなのかもしれません。


ランキングに参加しています。\>w</
ぽちっとクリック願いします。(*_ _)ペコリ 順位さがってきました。orz ぜひぜひご協力願います。(*_ _)ペコリ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村
2010-10-31 : ベタ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ベタによるジャンプの競演、ついにベリーロールが決まる

レッドビー第2水槽のガジュマルサテライトにはドナウの血を引くベタの稚魚が10匹おさまっているのですが、あいかわらず餌をあげようとすると水面ジャンプがやみません。ぴょんこぴょんこぴょんこぴょんこ跳ねてます。

ライバルが多いんで少しでもはやく餌に食いつこうというのでしょうか。

しかしほんじつ予想されていた惨劇がはじめて起こりまして、ついにサテライトのたかい壁をジャンプで超すものがあらわれ綺麗な放物線をえがいてじめんに叩きつけられました。>Д<

まるで高飛びのベリーロールのような感じでした。

すぐさま取り上げてサテライトに戻そうとしたのですが、手のなかであばれるあばれる。おかげさまで2度目のハイジャンプがきまりまたじめんに叩きつけられました;w;

サテライトに戻したらしばらく動かなかったんですが、少ししたら元気をとりもどしました。ε('∞'*)フゥー

ドナウとプリンスの稚魚は第1世代の1匹と第2世代の15匹で合計16匹が存命であります。

そのうち第2世代のいっぴきは、水面派ばかりと思われたなかで唯一水底派だったこだわりもののようで、水槽をあけたさいに清掃したときにはじめてお目にかかったのですが他と比べて群を抜いて小さいです><

サイズごとに大小2グループに分けたのですが小さいグループよりも圧倒的に小さいためいっぴきだけ個室があたえられることになりました><w

これがまた小さくていっぴきだけ水底で育っただけあって偏屈で、当初餌をいれてあげても、ジィーッとみつめたあげくプイッとそっぽを向き食べてくれませんでした。。

「みたことないですし」ってな感じでひとり底に微生物がいないか物陰などを探索してました。

ピンセットで動かしてみたり、ピンセットで餌を目の前におとしてあげても、ピンセット自体におどろいて近づかないというていらくでおよそ自然ではいけてゆけないタイプだと思われました。(もしくはこのくらい警戒心がないと自然ではいきてゆけないのかもしれない)

それがはじめのうちはミジンコのなかの小さいヤツを取ってあげたりもしたんですが、やがて小粒の固形餌を食べるようになり、おかげでひとまわりサイズアップしたので小さめの冷凍アカムシをあげれるようにもなったので、こちらも順調に育っていくでしょう。

この子だけ個別飼育になったので、もしオスだったとしたら縄張り意識をもってもう他ベタとの混泳はむりということになりますね。

ちょっとチビは写真にとってもみえるかわかりませんが撮ってみました。

SH352611.jpg
これでもひとまわり大きくなったのですよ。

SH352612.jpg
こちらは他の同世代のベタたちです。

いままで過ごしていたプレコ水槽がレッドビー第3水槽にうまれかわったので、帰る場所をなくした子たちです。>w<;

ランキングに参加しています。>w<
1日1回ぶろぐ村へのアクセスにご協力ください。<(_ _)>ぺこり
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
2010-08-05 : ベタ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ドナウの死

ドナウが昼過ぎに死んだとき、彼女には幸福なときがあっただろうかと思わされた。

松かさ病におかされたからだはふくれあがり、それでも状況がわからずに餌をもとめようとしたドナウ。

餌を口に付けようとしたときに何かの異変を感じてか、口に入れられないドナウ。

その光景はわたしにはすべての過去をわすれてある象徴として存在するよう思われたのである。

何かがおかしいと気づいてか、アザラシのようなからだになりながらこちらを見続けるドナウ。

それは別れを告げるかのようでまた心を見透かされるようでもあった。

苦しむじかんは少なかったけれどもひっそりと息を引き取った彼女は、はたして一瞬たりとも幸福なときがあっただろうか。

そう思うとわたしの心は悲しんだ。

しかしまたそう考えることが愚かしいことだと気づくときがある。

そもそも彼女らがみているものこそが、初めからこういう観点のものではなかったか。

われわれはつねに与える存在ではなく彼女らはつねに与えられる存在ではない。

日々彼女らはこちらの幸福にさえ気遣い、命をささげた献身でわれらをささえてくれるじゃないか。

そもそもが彼女らのほうが尊いのであれば、ならばわれらはどう答えればよいだろう。


・・・というわけで、ベタ・ドナウの急死をうけましたがわたくしは思ったより気落ちもなく元気です。ちょっとふるいコンディショナー液を投入したのが悪いのか、繁殖に前向きでないドナウをみておかしいかなとは思ったんです。

それで急きょサテライトにわけて今回の繁殖は取りやめにしたのですが、その容器でまたたくまにエロモナス症を発症させてしまいました。

別の組では稚魚はとれたのですが、こちらはオスのほうがなぜか体がボロボロになりはじめたため(繁殖時の喧嘩が原因ではなさそうです)、はやめに子育てから引き離してとりあえず唐辛子で治療してます。

病気のためか少し怖がりなところを見せていてそれが目線とあわせてエロモナス症を感じさせなくもありません。

稚魚と引き離したときには多少うろたえたところをみせたので心が痛みます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
2010-07-31 : ベタ : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

ベタショップオアシスでさすが専門店の凄みをみた

きょうは橋本のベタショップオアシス(ベタ以外もほうふですけど)へ行ってきました。また記憶だけを頼りに歩いていたら道を間違え、もともと駅からとおいのでかなり疲れました。

ベタ用コンディショナーがなくなったためそれを買うだけの目的で魚を買う予定はなかったのですが、プラカットのほうでかなり綺麗な個体がめじろおし@w@

さすがベタ専門店・・・という圧倒的な個体たちをみせてもらいました。じつは前回きたときはプラカットはそうでもないかなと思っていた(ショーベタやジャイアントは凄かった)のですが、さすがです。

買うつもりはなかったんですが見ていたい衝動がとまらず、店主さまに了解を得て写真を撮らせていただきました。よいベタというのは結構一品ものというか2度とであえない可能性が高いこともあるので、写真にとっておきたかったのです。

ブログに載せてもよいかは聞きませんでしたけど載せちゃいます。これぞ一品もののベタをお楽しみください。

まずいっぴきめ。

SH352534.jpg

SH352535.jpg

SH352536.jpg

こういうマーブルがわたくしの今の好みですね。下のヒレの赤い斑点やドラゴン系のでかたとは若干異なる感じと思われるおでこの赤などは見事というほかありません。

続いてこちらにひきめ。

SH352541.jpg

SH352543.jpg

こちらはなんといっても胴体部のあおい斑点ですね。どうしたらこんなふうに色がのるのでしょうか。マーブルは色や表現が変色してゆくので、ずっとこのままとういわけにはいかないでしょうけども、おみごとです。

さいごがこちら。
SH352538.jpg

SH352540.jpg

SH352545.jpg

こちらは、買って帰りました。。。
買わないつもりでしたが、なんというか色だけでなく、立ち姿とか威嚇の振る舞いが美しく品があったのです。ものすごく上品な個体だったのです。。上の2個体と比べると白もやはり上品な色合いをしており、ざんねんながらそこらへんの違いは写真には写らない部分のようです。

ついついベタが増えてしまいましたが、こちらはドナウとプリンスのF1の子とかけるのにちょうどよいのではないかと思いました。ブルーの色味が薄くプリンスの色とマッチしているのですね。顔の表現はこれはモンスターというヤツでしょうか。

ちょっとベタの表現などは遠い記憶なので調べて違ったら訂正しておきます。

ほんとうはもっとほかのドラゴン系ですとかバタフライなどのよい個体もおりましたが、撮ってませんでした><w

それどころかショーベタ(ハーフムーン)のほうはいっさい見忘れていました><w

それだけうえの個体にむちゅうだったのでしょう。

こちらのお店のベタはたぶんすべて本場タイで現物をみて仕入れているセレクト個体なのではないでしょうか。ちなみにベタプラカットは一律3150円のようですね。
あのレベルの個体を作れば3000円の値を付けても胸をはれるという、めやすにもさせていただきたいと思います。少しハードルが高いですけども。。

ほんとうは交配をひかえているうちのベタの写真も撮ったのですが、明るい店内でとられた綺麗な写真とならべるとちょっと暗すぎでよくわからないので日を改めてご紹介したいと思います。


ランキングに参加しています。>w<
1日1回ぶろぐ村へのアクセスにご協力ください。<(_ _)>ぺこり
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


2010-07-25 : ベタ : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。