スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ウロウロするラムズ、ウヨウヨいたカイミジンコ

レッドビー第1水槽、第2水槽ともにラムズが大繁殖しております。

特に第1水槽では小さいのがハンパない数ウロウロしてます。第2水槽はピンクラムズなので成長するのが楽しみです。

ベタの稚魚を飼育している容器に使用していないサテライト(小)がついているのですが、水が残ったままで藍藻などがわいたりしてかなり汚い臭い水でいつか洗わないといけないなと思いながら放置していました。

それが今日見ると藍藻もなくなり澄んだ水で完全に水ができあがったらしく、我が家の水槽ではまだ現れたことがないカイミジンコが大量にウヨウヨしていました。しかもショップで見るのとは違ってすごく小さい種類のもようです。

この水が我が家でいちばんいい水なのでしょうか。TDS値は370uS(185ppm)でした。

この容器に何がおきたのか、しばらく考えてみたいと思います。



ランキングに参加中のため、1日1回ぶろぐ村へのアクセスにご協力ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010-06-28 : : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ただものじゃないスネールたち

下の写真は以前にもお伝えした触覚がチャームなスネールあがりのなぞの貝ですが、なんだか貝殻のなかでパタンパタンと動いているものがあります。これほんとに貝なんでしょうか。宇宙人じゃなかろうかと不安があります。

SH352290.jpg
以前はウミウシみたいと表現しましたが、ひとまわり大きくなって仙人のような貫禄がでてきました。

SH352296.jpg
ほかの貝が自分の貝殻にのっかるのを非常に嫌うようで、のっかられたら殻を180度くらい反転させたりして逃れようとします。やはり重要な地球のデータが殻のなかに隠されているのかも?
殻とからだが非常に柔軟というか、上の写真のように殻をもちあげることができます。ひどいときには写真の2倍以上、2cmほどももちあげて歩いていたこともありますよ。

SH352292.jpg
写真じゃわかりにくいでしょうか、殻のみぎのほうに木星の大赤斑みたいのがあるのですが、その回りを2個の球体のようなものが回っておるのです。宇宙人じゃなくて宇宙船なのかもという気がしてきました。なかでエネルギー体が回っていて、パタンパタンとなかにいるなにものかが漕いで動かしているのかも。

なにしろ不思議な貝ですがカワイイです。

あと、最近プレコ用の60cm水槽にありえないほど移動速度の早いスネールがいることを発見しました。こちらは外見は特になんら変哲もないスネールなんですが、まるで地面を滑っているようなありえないスピードです。武豊はディープインパクトという名馬を評して「飛んでいるみたい」と表現しましたが、まさしくこのスネールにこそいえる言葉ではないでしょうか。プレコ用産卵筒の円形を5秒くらいで一周したときは目を疑いました。

動画が撮れればどちらも詳しく紹介できるんですが(貝だけに紹カイしたいです)。
安いデジカメで一眼レフのやつ買おうかとなやんでます。3万くらいのでどれだけの画質なんだろう。レッドビーのブログとかやってるブリーダーさんが使っているのはいくらくらいのなんだろう。動画も撮れるやつほしいです。

↓ランキングに参加中のため、1日1回ぶろぐ村へのアクセスにご協力ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
2010-06-02 : : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

貝の魅力にとりつかれ

本日は貝を買ってきました。見事な色あいのラムズをながめていたら我慢ができなくなりました。

SH352245.jpg
こちらがピンクラムズ。

SH352246.jpg
こちらがブルーラムズ。

SH352251.jpg
そしてこちらがサザエイシマキガイ。あたまについてるのは飾りではなくてピンクラムズです。

こういうのは多分買って育ててみると色が戻ってただのラムズになったり、サザエのでっぱりもなくなってただのイシマキガイになるんだろうなって思いましたが買ってみました。

それぞれ水槽の振り分けは悩みましたがレッドビー第1水槽にはサザエイシマキガイ、レッドビー第2水槽にはピンクラムズをいれることにしました。ブルーラムズはプレコ水槽で決定。サザエにたわむれるレッドビー見たいです。

SH352252.jpg
振り分け先がきまった貝たち。なぜか綺麗に撮れました。貝だけで2千円ちかくの出費になってしまいましたが、今のところ後悔はありません。

レッドビー第2水槽には先住民がいます。

SH350610.jpg
第2水槽のエースパイロット、カバグチカノコガイです。おでこの星の数はこれまでたおしてきた敵の数、これだけの撃墜マークをみればだれも彼がエースパイロットであることをうたがいません。ちなみに横浜ティアラで眺めていたところいちばんの移動速度をほこり、購入されて我が家にきてからもそのスピードは衰えを知りません。ふつうのカバグチカノコガイの3倍はやいです。

SH352254.jpg
そうしてこれ、エースパイロットのとなりにいるみづらいですがカラーイシマキガイ。この子は第2水槽きっての問題児です。ひっくりかえって起き上がれなくなったり陸地に取り残されたりそんなんばかりなので毎朝のチェックが欠かせません。ひょっとして今日買ってきたサザエイシマキガイもイシマキつながりでこういう(まぬけな)問題児タイプなのかもしれません。

そしてこちらがいつのまにかいた、というスネールあがりの変わり者でございます。
SH352255.jpg
なんだか触覚が奇妙なかたちになっていて存在感がちがいます。写真じゃわかりませんが身のほうも独特ないろみをもっていてウミウシみたいでカッコヨイです。

レッドビーのほうは今日もおとなサイズの脱皮殻を2つ確認し非常に調子がいいですが亡くなってる稚ビーもおるようです。なんともいえない状況であります。


↓ランキングに参加中のため、1日1回ぶろぐ村へのアクセスにご協力ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
2010-05-27 : : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

かわいすぎるぜスネール

いまいろいろな水槽で、スネールが繁殖しはじめています。ビー水槽では貝類はレッドラムズ単独飼育で増えない予定でしたが、いつのまにか小さなスネールが散乱しはじめました。これがはじめは小さいうちに除去してたのですが、しばらく放っておくとかなり大きくなってきます。大きくなるとコレ、触角といい体つきといいレッドラムズと大差ない貝でして、カワイくてしょうがない。こうなるとなかなか殺すにしのびなく、小さいうちに駆除しておけばよかったと後悔しております。
また現在プレコが同居させてもらってるディスカス水槽も、どうやらスネールが増えつつあるようなんですが、これがまた育ってみるとレッドビー水槽とは違う形のスネール。やはり大人サイズまで育ってしまい、カワイイ。

なんでかナメクジは苦手だけどもカタツムリは好きなんですよね。プラナリアなら無表情で除去できると思いますが。
とりあえず今いれておける容器はと探し、ミジンコ飼育の容器にポイポイほうり投げておきました。

10050901.jpg

こちらのミジンコはベタの餌用およびベタの稚魚用として手配して維持しているものです。このミジンコ飼育は今後データがまとまったらまた別の記事にしたいですね>w<




↓1日1クリックにご協力ねがいます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
2010-05-09 : : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。