スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ベタの飼育からレッドビーの飼育にいかせること

ベタの稚魚が育ってきたので大きめの個体を中心にプレコ水槽の隔離ボックスに移してみました。

ベタは基本的に空気呼吸もするためか水はよどんでるほうが好きだ!というタイプなので、隔離ボックスでもだいじょうぶだと思います。というかベタは大人になるにつれて空気呼吸しかできなくなるような気がしますね。
空気呼吸するものはだいたい水の汚れに強いものです。

1cmクラスなのですが水合わせも適当でしたが大丈夫そうなので、ここらへんまで育てばもう大人と一緒という感じでしょうか。もはや死なせる心配はありません。

いっぴき偶然とはいえベタが育ったのをまのあたりにしてからは、これまで育てられなかった稚魚がほぼ問題なく育てられるようになりました。だいたい一度一匹の魚を子供から大人まで飼育してその子供を育てる、というようなサイクルを経験すればけっこうコツをつかんで育てられるようになるものです。

はやくレッドビーでも1サイクルを経験したいものです。ちなみに第1水槽のほうは結局稚ビーは一匹も残りませんでした。ですが大人ビーの崩壊をくいとめ立て直せたので気落ちはありません。むしろ得たもののほうが多かったと思います。

ベタの稚魚が1cmですっかり安定したのをまのあたりにして、たまたま最近購入してきた10匹のビーも1cmくらいなのに気づきました。これもすっかり大人ビー同様で安定しているように思います。ここまでくれば大人と同じ対応で問題なさそうです。

わたしの水槽でみた最大の稚ビー(お気に入りだった色濃いタイガー君orz)は5mmから8mmといったところだったでしょうか。このぐらいだとまだ水質の変化にはじゅうぶん注意してあげないといけませんね。

ベタの稚魚は人工ブラインシュリンプの餌(ブラインの黄卵のみをとりだしたもの)が高いんで大人ベタにあげている餌をくだいて稚ベタにもあげるようにしました。嬉しそうにムシャムシャ食べております。こう考えるとベタも稚ベタも餌は同じでかまわないんですね。

ベタの稚魚飼育でいつも5mmとか成長してきたときにいっきに消滅していたとき、理由は水質か餌かと思っていました。水質というのはある程度大きくなってきたときになにかしらかの影響を受けてしまうようなことがあるんじゃないかと思っていたのです。

不思議と稚魚は小さすぎるより1段階成長したときにもうひとつの壁があるように感じていたので。原因はアオミドロのような藍藻系の微毒なのかな? と疑ったときもありましたが藍藻まみれの水槽でベタ稚魚が完全に育ったので藍藻ははれて免罪となりました。

おそらく稚ベタの問題はぜんぶ餌にあったのかもしれません。大きくなれば必要な餌の量も多くなります。でもなんでもかんでも食べられるというところまでは大きくはない。
そういう中途半端な若年層でおちいるアンバランスな問題があったのかもしれませんね。とにかく稚魚はじぶんで餌をみつけるという能力には欠けているものですが、消費するエネルギーは大きくなってしまうのでしょうか。今回は自然にわいた天然餌(インフゾリア)があり、それに慣れて育ったために浮いている水上餌にも移行しやすく、餌に関しては問題なく与えることができました。

レッドビーにもやはり2つめの壁といえるような部分がありそうだと考えていました。大きくなるほどに脱皮の危険度がますようなこともありそうですし、それだけ必要な栄養素もよりシビアになってきそうですし。
なにより小さいサイズよりもやや大きくなってきたときに姿を消す稚ビーは多かったものです。

レッドビーの稚ビーが姿を消す原因として食べる餌が大人ビーとはことなるんじゃないかなと考えたときもありました。ほうれん草や固定餌に食いつかない稚ビーをみているとそう思えたのです。

ですがベタをみていたら食べるものは大人とそう変わらないんだなと考えるようになりました。ようは餌をみつけだす能力に欠けているだけだと。

そう考えると稚ビーを成長させる解決策はすごい単純明快なものになると思います。

レッドビー第1水槽と第2水槽をなにげなくみくらべていたときにその変化にきづいたのです。その変化というのはアマゾニアとアマゾニアパウダーだけの問題でした。単純にソイルのめが細かくなるだけで、レッドビーはソイルを掴みやすくなりますし、主餌となりうるバクテリア群は上面にたまりやすくなりますし、さらに細かい餌をしたに通しづらくなります。

めの大きいソイルだと逆に稚ビーには掴みづらく、バクテリアは細かいスペースを好みますからたまりにくくなると思いますし、なによりわたしの底面ろ過環境では細かい餌がしたへすり抜けてしまいます。

単純にソイルをパウダー状のものに変えるだけで、稚ビーは数倍餌にありつけやすくなるでしょう。特に底面ろ過で言えることかもしれませんが、それだけのことでだいぶ変わるような気がしてきました。

はやく新しい稚ビーが産まれてこないものかと思います。その前にソイルのパウダー部分をもっとたくさん作らないといけないかもしれません。今度は大人まで成長させる自信があるのです。



ランキングに参加中のため、1日1回ぶろぐ村へのアクセスにご協力ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010-06-22 : レッドビーシュリンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。