スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ソイルを重ねるたびにフルビック!雨を穿つようなグランデ!ふるえるぜハート!!きざむぜビート!!!

引き続きレッドビー第3水槽の立ち上げ経過をご報告いたします。タイトルのほうは気にしないでください。ちょっと酒をのんでいるので、はしゃいでいるのでしょう。

SH352588.jpg
そのまえにこちら、あまりおもてに出ることのないディスカス水槽です。今日久しぶりに早朝おきてたのでみてみたら朝日に照らされて酸素の泡がパーッと舞ってきれいでした。

しかしほんじつもディスカスはご紹介できず。照明がないので暗いのですね。

SH352591.jpg
プレコ君をいっぴき発見。この子は顔のかたちも色のでかたもぶさいくです。オークションで買ったら失敗しましたw まあカワイイので良いのですが。

さてここからがレッドビー第3水槽です。
まず上部ろ過”グランデカスタム”の給水部ですがちょうどレッドビー第1水槽では存在感がありすぎるテトラブリラントフィルターが奇跡的なふぃっとをしましたのでわが社で異動がありました。

辞令
テトラブリラントフィルター レッドビー第1水槽 → レッドビー第3水槽

適材適所というヤツです。
それでこのように変貌いたしましたのです。

SH352592.jpg
テトラブリラントフィルターのみどり色と結合しているグランデの灰色の部品が硬いゴム質のようになっていたのでねじ込むことができました。

写真のエアホースは意味がないことに気づいたのであとで撤去されました。

それから今回のせってぃんぐの最大のきもだと思われている”エセ底面フィルター”もセットいたしましたよ!

SH352593.jpg
これがセットされただけでいっしゅ異様な水槽に見えるから不思議です。
出水パイプが水槽前面に来ていてじゃまなんじゃないかい? と思われそうですが、今回はメンテナンスおよびサポートがしやすいようにあえて前にもってきました。基本的に観賞目的ではなく研究目的なのであります。

また、パイプの出水口が水面どころか水槽よりも高くつきでていてETが自転車のかごから首をだしているみたいになってますぞ? と思われそうですが、今回は水がでないようなセットをするためにこうなりました。

うーん。このあいだまでは不安だったのですが、いまではこの光景をみてわたくしはわくわくしてきました。基本的にグランデカスタムは外部フィルターよりもポテンシャルが高いという意見をわたしは支持していますので、グランデにブリラントフィルター装備にエセ底面で床底に酸素を供給するこのシステムはもしや外見さえ度外視するなら最強なのでは・・・? とさえ思えてきました。

まず気のせいでしょうが。

SH352594.jpg
底面に前水槽で使用していた底面ろ材である軽石と富士砂を適度にばらまいたのですがさらにその下にはあえて取り除かなかった前水槽運用時の吹き溜まりが放置されてあります。吉とでるか凶とでるか。
においは悪くなかったんですよね。ただ顕微鏡でみたところ×100倍クラスで見える微生物が多いはずだと読んでいたら×600倍クラスでも小さくチョロチョロうごくものしか見つかりませんでした。(サイズ的にはバクテリアクラスなのだと思われます)

こういうことはこれまでなかったので、このことがよいことなのか悪いことなのかはわかりません。ただこの吹き溜まりにおいは悪くなかったのでよいものだと思います。

その前水槽運用時に溜まった汚れを最下層に、そのうえにおなじく前水槽で使用していた軽石と富士砂をしいた状況ですね。軽石と富士砂にはHB-101をまぜこんでおきました。
そのうえにトルマリンBCをまいたところが上の写真です。

トルマリンBCといいながらみため竹炭のわりあいがやたら多い感じがあったのは気のせいでしょうか。

そのうえにアクアソイルであるフルビックソイルを3リットルたしたところがこちらの写真でございます。

SH352595.jpg
このうえにミロネクトンパウダー、ミラクルクレイ(ヤフーオークションで買った"珪酸が主体の"ミロネクトンみたいなものらしいです。それがホントなら結構ビーによさそう)、TB-10、バクター100、シュリンプバクターをふりかけました。

なにせふりかける量がよくわからないので”気持ち多めにまいたつもりだけど、でもちょっと少ないかも”といったよくわからない感想しかでません。

さらにそのうえに3リットルのフルビックソイルを足しました。

こちらのソイルはセット前に洗うように説明文が書いてあるのですが、わたくしはこれまで基本ソイルは洗ってセットしていたので問題はないんですけど、ザルで洗うようにと書いてありました。

もちろんわたしはザルを使うと今後しばらく蕎麦がたべれなくなる気がしたのでバケツであらったんですが、これが何度も洗っても濁りがでるんですよね。

”ソイルはザルで洗え”というのは名言かもしれません。

とりあえずきりがいい所で7回洗ってOKということにしました。わたくしは奇数と相性がよいので、それとくわえてらっきーせぶんというところに水槽がうまく立ち上がるようにおまじないをかけておいたのです。

これで合計6リットルのノーマルソイルがはいりました。このうえにはぺナックWをふりかけました。
底床の硬化が防止されると書いてあったのでもちろんソイルにまぜるんだろうなと思っていたら、水槽の一番下にまけと書いてありました。。orz

SH352597.jpg
(ぺナックWはかなり白い粉でした。)

そのうえにこんどはフルビックソイルパウダーをセットするので、また3リットル洗いましたが、今度は手で洗わないでバケツを動かして水だけで洗うようにしたら7回あらったときにはかなり透明度がでましたね。

ノーマルとパウダーソイルで違いがあるのかもしれないですけど、ノーマルソイルはかなり硬かったんで手をつっこんでガシガシ洗っていましたが、どうやらそれで潰れたソイルがあって濁りがとれなかった(濁りが増した気もした)のではないかと思いました。

”ソイルを洗うときは手を突っ込むな”こちらも名言認定とさせていただきます。

フルビックパウダーを3リットル分じょじょにくわえながら、どうじにB-4とバイオバクト(ディスクアロー)も違う層になるようにふりかけてゆきました。どうじにミロネクトンパウダーとミラクルクレイも追加してみました。

そうしてソイルが3リットル分まきおえたところでクリアスーパーをスプーン3杯ふりかけてみました。これだけ投入の目安が書いてあったので助かりました。

さいごに残っていたアマゾニアパウダーⅡ約1リットルにフルビックパウダー1リットルをまぜて洗っていちばん上にしきました。

なんだかとちゅういろいろ振り掛けすぎたかなとも思われましたが、おそらく総合的にみてよい方向にゆく、とみております。

ただその後こんなものがでてきまして、

SH352596.jpg
未開封のパワーサンドSです。忘れてたorz

それと底床にまぜて使用するつもりだった、もともと底面ろ材として使っていた麦飯石も使用し忘れていたので、

SH352587.jpg
(こちらです)

この麦飯石はグランデのいちばん下に敷いておくことにしました。

最初の水はどうしようかと思いましたが、やはり今回も川の水をとってくることにしました。川の水をつかうとどうしてもヒルが沸くんですが、こればっかりはどうしようもありません。
7リットルほど水が入るバケツで7往復してやっと水をいれきりました。。
ほんとうは6往復で足りたんですが縁起をかついでこちらも7であわせてみました。無駄な労苦がふえました。

そんなこんなでできあがりです。

SH352601.jpg
わたしは基本的にソイルを洗ってセットするので、このあと水をぜんぶ取り替えるというようなことはしません。あとは落ち着いてきたらアカヒレたちを移してまた餌金さんを購入してきたいと思います!

しかしこうしてみると思うのは、グランデカスタムってカッコイイな!っていうところですね。
水が2層の板から雨のように滴り落ちてくるんですね。酸素の供給力がハンパないのでろ過層の好気バクテリアがおおいに喜ぶと思われます。それにアンモニアを気化させる効果もそれだけ期待できるってことだと思います。

上部ろ過マニアがたびたびグランデにねっきょうしてるのがわかる気がします!
今回はろ過層に倍満しゅりんぷ的に”最強のろ過材になる資質がある”とみられているファイバーボールをちりばめておきました。できればサブプロみたいのもくわえたいですが。

こうしてみると不自然な擬似底面のパイプでさえカッコよくみえてくるので不思議です。完璧ですね! もはや成功以外は発生しないような気がしてきました。ぜひ今一度このたびのせってぃんぐをご覧くださいませ。

【レッドビー第3水槽】
SH352601.jpg

上部ろ過:グランデカスタム + ブリラントフィルター
  ろ材:麦飯石、ファイバーボール、ウールマットetc

擬似底面ろ過:床底に酸素供給のためだけに使用

床底ソイルおよび(ソイルはすべて7回ずつ洗ったものを使用)
添加剤:上からアマゾニアパウダーⅡ1ℓ+フルビックソイルパウダー1ℓ
    クリアスーパー3杯
    フルビックソイルパウダー3ℓ+B-4、バイオバクト
    ぺナックW
    フルビックソイルノーマル3ℓ
    ミロネクトン、ミラクルクレイパウダー、シュリンプバクター、TB-10、バクター100
    フルビックソイルノーマル3ℓ
    トルマリンBC
    軽いし+富士砂+HB-101
    擬似底面プレート

以上じぶんようのメモ代わりに詳細データを書き残しておきます。
無駄に長くなってしまいましたが、お付き合いいただきまことにありがとうございます。<(_ _)>ぺこり

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010-08-03 : レッドビーシュリンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。