スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レッドビー春の空作戦!

今回とれたベタの稚魚たちですが、やはり今回も前回と同様にピートモスをいれておるので、バクテリアやインフゾリアが自然発生して勝手に育ってくれることを期待していたのですが、突如水面が水かび?のようなものにおおわれたのをさかいに姿が見えなくなりました。

ときおりエアコンをいれてるので水温的にはもんだいないと思うのですが、夏場になるとミジンコ飼育容器にもおなじような異変がでましたし、なかなかむずかしいようであります。

水面の膜がインフゾリアが濃すぎるものなのか、水カビのようなものなのかまだよくわかってませんが、飼育水ができあがっていない容器によくあらわれるようなので水カビのようなものなのかもしれません。

夏場の空気にはこういうたぐいのものが多く浮揚しているんですかね。そういう季節ごとの空気からかかわりそうな水の影響というのは冬にも別のかたちで経験してました。

というのは我が家のベタはすべてヒーターかもしくはホットプレートを敷くかしているので、冬場でも水温がさがらないじょうたいにあります。

ですがなぜか冬場には病気になるベタがたくさんでたことがありました。冬場は空気が乾燥したりで病気がちになるヒトが増えますし、病原ウイルスもよく飛びかっていそうです。

水温が管理されていて変動がなくとも外とおなじように影響を受けているように思うのは、やはり空気からなにかしらかの影響をうけているのでしょうか。

たとえ水温が一定だったとしても、やはり冬には冬の、夏には夏の季節感が水のなかにおきているようであります。温度だけのもんだいじゃないんですね。

冬は病気になりやすい、夏はカビがはえやすいとしたならば(これは単純にことしの冬と夏におきた我が家でのことなので信憑性はありません)、春は抱卵の季節でしたね!

入院中や手術後にレッドビーのほんを読みながら勉強していたとはいえ、ずぶの素人であったわたくしがすぐさま抱卵続出のハッピーにであえたのは、ひとえに春の季節に退院をしてレッドビーを迎え入れたからなのではないでしょうか。

やはりこれも暖かいイメージの春とはいえ水槽内にはヒーターがとりつけられていますから、水温に関係することではありません。春の空気中にレッドビーの繁殖に有用なバクテリアが浮遊しているのに違いありません。

そこでこの春の季節の空気をめいっぱいポリ袋につめこんでしっかり封をとじて、たくさん備えておこうというのが今回の商品 ”春の空作戦”になります。

これがあればどんな季節でもお部屋のなかで封をひらいていただければ、あの抱卵のうたげ飛びかう春のビー水槽を再現できるというミラクル商品になります。

こちらを1部屋ようを1袋としてやはり1500えんで、再来年の翌年の次の年の夏ごろに売りだそうというぷろじぇくとが動きだしたとか動きだしていないとかわが社でささやかれております。

アフロ君宇宙ラムズ につづく倍満しゅりんぷ 裏メニュー 第3段ですね!!
かなりのラインナップがそろってきて商品が充実してきました>w<

・・・いちおうちゃんとした商品のほうも開発中なんですけどね。。
そのうち少しずつ情報がだせるとおもいますので期待せずにおまちください。>Д<

SH352639.jpg
こちらは第2水槽のブラック稚ビーでございます。

先にうまれていたレッド稚ビーはもう完全に成長したようで、これにてわたくし初めて稚ビーの育成に成功したと言えそうです。この経験を踏まえて稚ビーの発育がわるかった旧第1水槽となにがちがうかいまいちど洗いなおしたいと思います。

2度の例だけで答えにあたれるとは思われにくいですがなにか発見があったらまたご報告いたしますので、こちらはぜひご期待ください。




あと最近酔っぱらって更新している頻度がひじょうに高いため後日修正されたり削除されたりすることもあるかと思いますがごりょうしょうください。。


ランキングに参加しています。>w<
1日1回ぶろぐ村へのアクセスをこころよりお待ちしております。<(_ _)>ぺこり
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2010-08-11 : レッドビーシュリンプ : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんばんは^^

本当に水槽の世界は色々ありますね。
こうだ! という答えは無いのでなおさらですね^^;
2010-08-11 23:16 : えびんちゅ URL : 編集
No title
さっそく遊びにきました。
読み応え満天で記事が面白いですね。
今度、過去記事も読んでみたいと思います。

ところで、相互リンクよろしくお願いしたいと思います。
って、もう私のブログにはリンク貼っちゃいましたが。
2010-08-12 01:19 : 坊主頭チビ URL : 編集
No title
生き物は、水温だけでなく季節を感じる何かがあります。
一番判りやすいのは、セミですね。
夏になると出て来ます。
あと、桜も春になると咲きます。
気温的ならば春と秋で良い感じはしますが、内蔵のタイマーか地磁気なのか不明ですが何かがあります。
ちなみに、カビですが、バクテリア+インフゾニアは生き物ですから、酸素が必要です。
酸素が無くなれば、☆になります。
☆になれば、その残骸が腐食します。そこにカビ菌が付けば、それを媒体に増殖します。
水の中も同じです。残った餌がカビてしまいます。
しっかりと酸素があれば、バクテリアやインフゾニアが元気に育ちます。
更に、腐食する前に他のバクテリアが分解してくれればカビる前に処理が終了します。
ベタ水槽はエアレーション無くとベタは肺呼吸出来ますが、酸素が減っている水槽ではバクテリアも育ちません。
そこで、最近実験中なのがチタンボールです。
どうやら溶存酸素量が増えるそうなので実験中です。
これはディスカス水槽ですが・・・・
まだエビには使いません。(笑)
きっとベタ水槽にも使えそうですよ。

参考にどうぞ~
http://titanball.exblog.jp/
2010-08-12 07:14 : くま URL : 編集
No title
>>えびんちゅさん
こんばんは>w<
水にしろバクテリアにしろなかなか目に見えないところだけにいろいろな考え方ができそうです。
ミネラルにしろバクテリア液や餌にしろいろんな商品がでているのがそれをにょじつにあらわしている感じですね。>w<
2010-08-12 15:41 : マフダ URL : 編集
No title
>>坊主頭チビさん
ありがとうございます。(o*。_。)oペコリ
ぜひはじめから読んでみて下さいw
ひとつひとつ結構時間かかってるんで記事書くだけで疲れます><

リンクありがとうございます。さっそくこちらからも貼らせて頂きました。
今後ともよろしくお願いいたします。
2010-08-12 15:52 : マフダ URL : 編集
No title
>>くまさん
なるほどー。勉強になりました。

水の状態のいいベタ容器では発生しなかったんで、やっぱりカビなのでしょうね。
しっかり水をよくしてから繁殖させないとダメですね><w 繁殖水槽にエアレーションも検討していこうと思います。前回エアーなしでうまくいったので今回もエアーなしでやってましたw

チタンボールみてみましたが、けっこう怪しい商品ですね。
こういう怪しげな商品はかなり好きです。
ほんとにワイルドディスカスの発色があがるのだとしたらそうとうなしろものですね@w@ ためしてみたい気がします。
2010-08-12 16:00 : マフダ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。