スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

更新しわすれてました><

今日はレッドビー第2水槽のリセットの様子をおつたえしようと思いましたが、ブログのことをすっかりわすれていて寝てしまうところでした。><

ながいことパソコンから遠ざかっていたからでしょう。。

ということで時間もないので予定を変えて、昨日の記事の続きみたいな感じで最近考えていたことをふたたび書いてみたいと思います。
最近気づいたことのひとつが、水槽の停滞域をなくすことは思いのほか難しいのではないかということです。

特にわたしのように小さい水槽で飼育しているとちょっとスポンジフィルターを導入したり流木を置いてみたりしただけで物置のような足の踏み場もない環境になってしまいます。

第2水槽は水流を作るだけの目的で水中モーターをつけてみたりダイナミックな水流がみどころでしたが、アクアクーラーを取り付けてからはちょろちょろとしか水が出ず水流は外掛けフィルターと底面フィルターに頼るところとなっていました。

60cm級の大きさならきちんと水流とレイアウトさえ意識すればそう心配することもないとは思いますが、基本的に水槽内は放置するわたしのやりかたでは水槽内でおこったことに対応しきれないかもしれません。

まだレッドビー飼育のうでも未熟ですし、停滞域をつくらないようにするレイアウト作りも経験がたりません。

停滞域をつくることは毒をつくる場所をあたえるのとおなじことだとおもいます。

停滞域から硝酸塩を還元する方法もありますが、それは停滞域という無酸素状態を好む菌に炭素源をあたえたりしてはじめて実現するもので、またそれは通常レッドビーの生活範囲内にあってはならないものです(ですのでたいてい土中やろ過器内でやりますね)。

ですので基本的には水槽内での停滞域は毒をつくる場所になります。

レッドビー飼育の上級者は普通にそれを考えてやってますし水流もレイアウトもそれに沿ってやってます。わたしもそうしているつもりでしたが、しかし飼育年数も経験も浅くそれが本当にできていたかというと疑問に思います。

レッドビー第2水槽は少し質の悪い餌の投入と餌の量にあわせて、そういうものがいちはやく腐敗して毒をうみだしやすい停滞域ができてていたのかもしれないと考えています。

そこでわたしのような初心者以上中級者未満のレベルでできるなにか解決策はないかと考えたら、ちょくちょく水槽内の流木などのレイアウトをいじったりふったり置き換えたりしてみるのがよいのではないかと思いました。

ろ過サイクルをつくるのには時間がかかるということは広く知られている話でございます。通常ひとつきかかるといわれています。それはろ過バクテリアを生成して定着させていわば発酵のサイクルをつくるということだと思います。

停滞域から腐敗物や毒をうむサイクルもこれとおなじで、やはりバクテリアが定着しておこなわれるものであります。

バクテリアの運動でにんげんにとってよいものが生まれたら発酵でにんげんにとってわるいものが生まれたら腐敗だとよくいわれてますね。ようはそこにはバクテリアの活動があるわけで、その活動を安定させるにはやはり時間がかかるのではないかということですね。

ろ過バクテリアの定着に時間がかかるなら停滞域での腐敗バクテリアの定着にもやはり時間がかかるのではないかと考えました。

これまではあまり水槽内に手をいれることは好きではありませんでした。たとえば汗があれば塩がありますし脂のようなものもあるのかもしれません。

えび天さんのブログではさすが食物をあつかう本業をなさっておられるかたなので、O-157などの大腸菌の混入があるかもしれないので水槽内に手をいれるときはよく手を洗えと書いてられました。

わたしもそういう危険性から手を水槽内にいれるのは極力さけたかったのですが、水槽内の停滞域をなくすことがうまくできないわたしのようなレベルではちょくちょく手をいれてレイアウトを動かしたりしてやるのがいいのではないかと思いました。

3日に1回でも1週間に1回でもレイアウトなどをいじっておけば、たとえ停滞域ができていたとしても必ず拡散されて毒の発生はまぬがれるはずです。停滞域から毒がうまれるのにもサイクルをつくる時間が必要なはずだからです。

ちょっと眠いんで簡単な記事にしようと思っていたら酔っていたので思いのほか長くなってしまいました。。

すいませんが後日読んでみて不適切な記事だと思ったら修正もしくは削除させていただきます。。。



ランキングに参加しています。>w<
1日1回ぶろぐ村へのアクセスをこころよりお待ちしております。<(_ _)>ぺこり
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2010-09-21 : レッドビーシュリンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。