スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

昨年を振り返って(2010年総括)その1

あけましておめでとうございます。>w<

昨年、2010年をまとめると、わたしにとっては病気のことがおおきな1年だったと思います。

思い出してみれば去年の今ごろ、放射線での治療と小線源治療というなかなかに苦しい治療が失敗に終わり、あとは切除手術しかないという結論にいたり、この手術がラストチャンスだと思ってくださいと宣告された2010年の幕開けでした。


手術が終わってダメージが残りしばらく立つこともできないまま病室のベッドで読んでいた本が、レッドビー関連の本でした。写真で見るレッドビーはそれだけでも魅力的で、飼育するのがほんと楽しみでした。

入院前に第1水槽を立ち上げておいたので、退院後からレッドビー飼育がはじめられるかたちになってました。


レッドビーに興味を持ったきっかけは、その頃アクアビジネスをもくろんでいて(今もですが)、いわゆるADAのような一コンセプトを持った器具を作るメーカーを作りたいと思っていました。

そんなときにレッドビーシュリンプを知り、レッドビーは金になるつまりビジネスと結び付きやすいかもしれないというヨコシマな気持ちがありました。(今もヨコシマな気持ちはありますが、でもうまくいけばお金になるというのは夢があってよいですよね。¥w¥)


入口はヨコシマなものでしたが、レッドビーを飼育し始めるとたちまちにその魅力に魅了されました。飼育当初は1匹1匹スケッチして細かいところまでメモをとり、その柄などから名前を付けて観察をしていましたね。



倍満しゅりんぷという当ブログもレッドビー飼育と並行してうまれました。

こちらはじつは、「すべての情報やアイディアを公開する」という信念のもと生まれたブログでした。隠し事いっさいなしのガチンコブログです。

なので素っ頓狂なアイディアなども含めてすべて公開してきたので、ちょっと変なブログだな??って思われたかたも多いかもしれません(初期から見て頂いているかたはとくに)。


いちじきPSBの記事を書いた以後からなぜだか急に人気が高まりブログ村ランキングトップ10にはいり、以後夏の与論島休暇にはいるまでに最高6位になったりもしましたが、どうじに批判的な中傷も目につき多少疑心暗鬼になったりもしてました。(匿名性のあるインターネットの怖いところですね)


記事の一覧をみかえしてみるとじぶんでも忘れているような懐かしい記事がめだちますね。

たとえばこちら→TDSをさげてゆきます TDSをさげてゆきます②

これ中途半端に②までで終わっており、内容も硝酸塩値をさげる=TDS値の低下につながるのではないか、というところからその為にはろ過(硝化)バクテリアではなくB-4などの別サイクルのバクテリアを育てて硝酸塩をためないようにしようというような内容になっております。

旧第1水槽が酵母を使用した結果硝酸塩がたまらずにTDS値も低かったため、その働きを今度は酵母ではなくB-4などのバクテリアに求めようという内容のものだと思います。

しかしじつはこの記事、そのころいろいろ調べているときに発見した、水槽水ふくめあらゆる容器の水のうち流木アク抜き水のみでTDS値はさがっていたという結論ともむすびつけたかったはずの記事でした。

みごとに宙ぶらりんで終わってますね。>w<; なぜだかわかりませんが、溶解しない固形物、流木以外でも例えばセラミック製のエビ土管やモニュメント号もですが、ただ放置している水と比べてTDS値の上昇を抑える働きがあるような気がします。

流木のアク抜き容器は水が茶色くなるのと反するようにTDS値は下がっていたのでこの頃少しおどろいたものです。@w@
(ただしアク抜き水の実例は1度だけですので、もし流木アク抜き水でTDS値がどう変化したかデータのあるかたはおしえて欲しいです。)

これに限らず宙ぶらりんの記事はおおいですね。>w<;


たとえばこちら→ガジュマルの存在感は違いすぎた

ガジュマルはかなりの根を伸ばし元気いっぱいでおりますが、ガジュマルがはいったサテライトは現在水槽との水のゆききがなく完全独立状態となっております。><

ガジュマル自体はかなりの元気いっぱいで硝酸塩の吸収もよさそうですがいかんせんデータ的なものはとってありません。><;
ですがこのように水草ではなく観葉植物などを上部フィルターなどで育てることで硝酸塩などの蓄積物を排出する方法はレッドビー飼育に限らずいぜんからとられている方法なので効果があるに違いありません。

今後ともこれらの方法での水槽水浄化も視野にいれていこうと思います。


あといまちょっと気になるのはこちらの記事です→ウロウロするラムズ、ウヨウヨいたカイミジンコ

第1水槽、旧第2水槽ともにラムズは異常ともいえる程大発生をしておりました。しかし今の好調第2水槽ではラムズは増えることがありません。

山賊のように強烈元気なヤマトが捕食したという可能性もなきにしもあらずですが、ひょっとしたらラムズの爆殖ポイントとレッドビーの好調(および爆殖)ポイントというのは少しずれているのかもしれませんね。

ラムズが爆殖したからレッドビーも好調のはずとはいちがいには言えないのかもしれません。


水草の成長とレッドビーの状態を結び付ける話題はいまのところはこれだけですね→ フロッグビットをうまく育てる フロッグビットは育っていた

上以外にもフロッグビットに関することは書いていたと思いますが、記事のタイトルになってないのでみつけれませんでした。

ただ現状の結論としては、ミロネクトンとかそういうミネラルが影響している可能性も高いですが、いまのところはバクテリア環境がよければ水草の成長はよいはずだというところで素直に 水草の状態が悪い→水質が悪い 水草の状態がよい→水質がよい というふうに単銃に考えておりますね。
レッドビーレポート(中間報告)2

熟練してくるとどの水草がどのように悪ければ何が足りない というようなところまでわかるのでしょう。いまのところフロッグビットに関してはミロネクトン的なミネラル分がたりない可能性が考えられるのかもしれませんし、あとは水質の変化で繊毛が溶けるという情報もありましたので、フロッグビットの繊毛が溶けたようだと水質変化があった可能性がうたがえるかもしれません。


具体的なTDS値・GH・KHに関する記事については随所にでてはいるようですが、なかなかためになる記事は倍満しゅりんぷではみつけられないと思います。

特にGHはさまざまな見方ができると思われ、ひよっこブリーダーに毛ガニがはえた程度の倍満しゅりんぷではどうこう言えるものではないようです。

ただKHに関することはKHが0ではまずいのではないかと思っております。→ KHは死んでいた


相変わらず乙っている文章で読むに堪えませんが、この後アラタ社のカキ殻ろ材を外掛けフィルターで使用することによりレッドビーは明らかに元気を取り戻しました。→KHとリン酸にまつわる話

それ以後いちおうカキ殻ろ材はわが家のスタンダードとなり定期的に交換されカキ殻成分を水槽内に補給されております。

またこちらの「KHとリン酸にまつわる話」の記事内では、土壌がリン酸を吸収する効果がアクアソイルにもあるとしたなら、高温で焼かれたものほどリン酸を吸収する効果が劣るということから、柔らかめソイルであるアマゾニアはリン酸を吸収する効果が高くなりそのため安定すると長期にわたってよい環境がうまれるのではないか、という素人なりの考察がありましたが、じっさいにはアマゾニアのよさというのはフルボ酸と関係があるようです。

ですのでこちらの記事の内容はてきとうにスルーするのが正しい読み方かもしれません。>w<;




ちょっと長すぎるので2010年振り返り総括編、続きは後日でおねがいします。>w<
今年の抱負や、今後ブログをどうするかについても書けたらいいなと思ってますので、ぜひみにきてください。




ランキングに参加しています。\>w</
ぽちっとクリック願いします。(*_ _)ペコリ ぜひぜひご協力願います。(*_ _)ペコリ 
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


スポンサーサイト
2011-01-04 : レッドビーシュリンプ : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
マフダさん

読んでて
あーー そんな記事もあったなぁー
と思い出しましたヨ (^o^)

アラタ社のカキ殻ろ材、これは安くて
いいですよね!

2011-01-04 19:08 : ベランダえび URL : 編集
No title
いろいろなことがあった2010年でしたね!
私も最初はエビさんには全く興味がなかったのに・・・いつのまにか虜です♪
今年も良い年でありますように・・・^^
2011-01-04 23:54 : 桜心 URL : 編集
明けましておめでとうございます
コメントありがとうございました。
昨年末よりブログ更新してません(笑)
多忙で、ちょっとお休みしています。


今年、マフダさんにとって良い年になりますように。
2011-01-05 07:13 : 漆えび URL : 編集
No title
>>ベランダえびさん
わたしも読んでいてなんだか懐かしい気がしました。>w<
アラタ社のカキ殻ろ材は目に見えてレッドビーの調子がよくなった数少ないアイテムかもしれませんね!
値段がお手頃なのも嬉しい限りです>m<
2011-01-06 10:59 : マフダ URL : 編集
No title
>>桜心さん
2010年はいろいろありましたね。>w<
これまでに起こった出来事を土台にして、さらなる飛躍をめざす2011年にしたいものです。

エビはもともとヤマトヌマエビとか好きでしたけど、いま考えると以前はヤマトが水槽内で稚エビが育たないことさえしりませんでした@w@
2011-01-06 11:02 : マフダ URL : 編集
No title
>>漆えびさん
ブログの更新とどこおってるようですね。>w<;
以前は毎日の習慣にしていたので問題なく記事を更新してましたが、新しい習慣ができて1度更新しなくなるとこんどはそれに慣れてしまいますね。><

お互いじぶんのペースでがんばりましょう。
わたくしにとって良い年になりますように。>w<
2011-01-06 11:06 : マフダ URL : 編集
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
昨年は色々とあったようで…

アクア業界は水商売なので上手く知名度あげて行けば、儲かりそうですね。
そのためにも、安定して水を作る技を作らないとですね。
私も昨年末から新しい実験スタートしました。
結果はどうなるか?
進化無くして明日は無いですね。
2011-01-07 12:38 : くま URL : 編集
No title
>>くまさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。>w<

レッドビー業界は知名度がだいじそうですね!
ブリーダーさんでしたら自らが作りだしたレッドビーの品質などが知名度に影響するように、アクアメーカーをめざすわたしとしてはモニュメント号の品質をあげて知名度につなげたいものです。>w<;

レッドビー飼育の腕も、いろいろ研究して技術向上をめざしたいものです。>w<
2011-01-07 22:15 : マフダ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。