スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

許容範囲というものがあるのなら

※若干記事を訂正しました。><w(2/17 1:15)

トリミング(トリートメントじゃなかったです@w@)をしてどうじに餌の使用などの変更を行ったあとに調子を崩した第2水槽をみていると、これまでもってた感覚(イメージ)にちょっと違和感を感じました。

わたしはどこか絶好調時(もしくは好調時)の環境というのは、調子の幅が青天井といいますかよほどのことをしないと変わらないというような感覚でいたかもしれません。

しかし今回水草(おもにウィローモス)をカットして、水草の切り口からでたものが悪かったのか、いちじてきに調子を崩しました。

ですので調子の波が ~ ←こんな感じであるとして、 √ ̄\ ←だいたいは水槽の歴史的にはこんな感じの波になって最後にリセットとなるとは思うんですけど、その調子の線のうえとしたに常に上限値と下限値みたいのがあってその範囲の中で飼育していくのがよいのでしょう。

まあ簡単に言ってしまうと「あまり変化は付けないほうがいい」とこれまでも触れていたようなあたりまえな話になってしまうのですけど、つまりイメージが「青天井ではなく環境の総量(範囲?)はきまっている」と変わった点について言いたいのです。

そういうふうに範囲があるって考えると、水槽環境のバクテリアの総量なんかもあるていど範囲の枠できまっているのかもしれません。

なのでレッドビーの調子が悪いときなどに、例えば外部ろ過ろ材などを清掃してやりろ過層のバクテリアや微生物、インフゾリアなどを洗い流して数を減らしてやることで、今度は水槽内のバクテリアなどそういったものが活性して増えるのではないか。

バクテリアだって青天井に増えるわけじゃないと思いますし!


そうなると外部ろ過などのろ材は掃除のサイクルを早めることで(2週間とか1カ月とか)ろ過層内のバクテリアなどを減らしてやることで、水槽内のバクテリアなどが逆に活性するような気がしました。

こういうやり方は外部ろ過がつごうがよいと思うので、外部ろ過使用の第1水槽でちょっと試してみたいと思います。ちなみに第1水槽はなかなか調子戻らないので水抜いちゃいました。@w@

いままでなかなかうまくいってない少水量第1水槽ですが、立ち上がって軌道に乗りはじめたら外部ろ過の清掃をこまめにやることで軌道に乗れば効果があったと言えるのかもしれません。ろ材を清掃して目詰まりをなくすためにやるのではなくて、バクテリアや微生物、デトリタスやインフゾリアなど本来ならレッドビーの餌となるものが、ろ過層にいることでレッドビーの餌にならないものたちををまびきする目的でですね。

ちょっと以前に紺虎さんがコメント欄で書いてたことはそんなことだったのかもしれません。(立ち上がってソイルにバクテリアがついたら1度ろ材を洗うと書いていたような・・・)



第1水槽をまた立ち上げなおしたいと思うんですが、底面ろ過を第2水槽のと同じメーカーのにしないといけません。それと第2水槽同様に外掛けと直結にするかもしれません。ただ小さい水槽で外部フィルターなどを使って、これこそろ過が利きすぎていてレッドビーの餌となりうるバクテリアなど小さい者たちが外部ろ過に逃げ込んでしまっている気もするので、外部フィルター自体をとりのぞこうかとも思ってます。

ちょっとややこしくてスイマセン。。


あと冬のうちに60cm水槽もう1本立ち上げておきたいですね。やはり水槽たくさんあったほうがいろいろ試せますし、夏になってから初期で立ち上げようとするとクーラーが必要になったり費用かかっちゃいますからね。@w@

今年の夏は、「水槽の環境がバツグンなら30℃以上でも耐えてくれるはず」を目標にして1台クーラーなしで維持してみたいと持ってます。(ファンはつけると思いますが)

そのための水槽をいまのうちに作って、バツグンの状態で夏を迎えて水温30℃超えにいどみたいと思います。

アクアクーラーの使用はヘビーじゃないユーザーにはかなり抵抗があると思います(わたしもそうでしたし>w<;)が、クーラーなし飼育がきちんと実証できていればレッドビーへの敷居もかなりさがって新規ユーザーも増えてくると思いますので、クーラーなし飼育はひとつの目標であります。





ランキングに参加しています。\>w</
ぽちっとクリック願いします。(*_ _)ペコリ ぜひぜひご協力願います。(*_ _)ペコリ 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村
スポンサーサイト
2011-02-16 : レッドビーシュリンプ : コメント : 10 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは
こんばんは、
今日もなかなか、考えさせていただいた内容でした。確かにバクテリアの許容範囲はあるかも知れませんね!
なにわえびさんのブログ友達の誰か忘れてしまったけど、
バクテリアが増え過ぎても水質悪化につながると書いてあったのを見てどうしたらいいのかな?と思った記憶がありましたが
enpe34は気にせず
バクテリア増やしてます!(^_^;)
また何かわかりましたら記事にしてください。
話しは関係ないけど
満月です(^o^)
胞卵のチャンスです
(^o^)
2011-02-17 01:19 : enpe34 URL : 編集
No title
いつも思うのは、バクテリアが目に見えれば良いのに?
電子顕微鏡じゃなきゃ、無理ですよね?
せめて、試験薬でもあればと思います。

簡単に、バクテリアの量が判る・・・。
欲しいです!
2011-02-17 05:23 : まるびえび彦 URL : 編集
そんな感じかな 逆に(逆でもないか)ろ過を生かしたままソイルを半分交換や足しソイルでも調子を上げられますね ろ過を新しくするのとソイルを新しくするのは同じような事ですからね(^^ゞ
2011-02-17 12:32 : 紺虎 URL : 編集
No title
アクアクーラーは僕も敷居高いですね~

そもそも部屋が狭すぎてもう置く場所ないですwww

まあ僕が飼育している生物は水温30℃超えても大丈夫な感じですが。
2011-02-18 01:49 : 悶々ジャー URL : 編集
No title
>>enpe34さん
こんばんは。>w<

バクテリアが増えすぎても水質悪化って、逆説的でおもしろい発想ですね。@w@

たしかに湖環境などでは植物プランクトンが増えすぎて環境悪化とかあるそうです。その場合は光がさえぎられることが大きな要因らしいです。

あとは考えられるのはバクテリアが死滅して腐敗するというようなことも悪化の原因とは考えられると思われます。
でもそれがレッドビーの水槽でどのようにとなると、ちょっと興味深いです。>w<

ひょっとしたらいろいろな別の種類のバクテリア添加剤をいれすぎてもよくないということなのかもしれませんね。@w@

今回はちょっと抱卵しないようです。>w<; 少しトリミングの悪さが尾を引いている感じがあります。。。
2011-02-18 13:40 : マフダ URL : 編集
No title
>>まるびえび彦さん
バクテリアを追うのは難しいですね。><
ほんとに目で見れればいいのにと思います。

ただレッドビーショップなどで見たすごい環境というのを思い返したりすると、あまりにレッドビーが元気なもんで観察しているとビーの行動からソイル上に蜃気楼のようにゆらゆらバクテリアのうねり見たいのを感じるときがあります。

病気でしょうか。@w@
2011-02-18 13:43 : マフダ URL : 編集
No title
>>紺虎さん
なかなか感覚的なものを言葉で書くのは難しいですよね。>w<;
書いてても伝わるかな?? って不安があったりします。

「逆にろ過を生かしてソイルを交換」、なるほど@w@と思いました。
今後足しソイルなどをするときにそういう考えかたでいきたいと思います。>w<
2011-02-18 13:49 : マフダ URL : 編集
No title
>>悶々ジャーさん
アクアクーラーは、レッドビーを飼おうとしたときのひとつの壁ですよね。>w<;

やっぱりアクアファンのなかでもレッドビーはどこか敷居が高い部分があると思います。飼育してるとそれに慣れちゃって、気づかない部分もありますけど。><

レッドビーも水槽状態によっては、32℃までは大丈夫じゃないかと思ってます。
2011-02-18 13:52 : マフダ URL : 編集
No title
はじめまして。
コメありがとうございました。
なかなか難しいテーマですね。
目に見えないから、そこに面白さがあるんだと思いますが・・・
バクテリア添加剤は大抵多めに添加しても問題ない。
と書いてありますが、どうかと思いますしね。
う~ん。むずかしい。
2011-02-18 21:31 : ebinist URL : 編集
No title
>>ebinistさん
さっそくのコメントありがとうございます。>w<

バクテリア、基本的には水槽環境でそれぞれ違う生態系ができていると思いますし、順調ならその水槽内で定着したバクテリアにまかせるのがベストだと思います。

バクテリアを含むいろいろな商品がありますが、そのバクテリアがどういったものなのかの説明が曖昧なので、さらに難しいですよね。>w<;
2011-02-18 22:23 : マフダ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。