スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レッドビーは水温こそがカギ

というわけで、ずいぶん放り出してしまっていた倍満しゅりんぷブログというわけですが、更新のクセをなくするとなかなか更新できなくなって困りものですね。@w@

「文章を書くのはライフワーク」という感覚で3度の飯より文章を書くのが好きなわたくしですが、惰性や慣れにはかなわないところがあります。

気をつけないといけません。

昨日なんて「ブログを更新しよう更新しよう」と考えつつ、チビリチビリ焼酎などをのんでいたら、いつのまにかブログを更新するどころかグデングデンに酔って廊下で寝てました。@w@

特にいまは記事ライターのアルバイトのほうで文章をもりもり書いているので、書き疲れみたいな感じもあります。

さて、レッドビーのほうなんですが、非常に申しあげにくいことなんですが、わが家では水温の関係で第2・第3水槽ともにほぼ壊滅状態であります。>w<;



ちょっと水温を甘く見過ぎたといいますか、カウンセラー試験のまっさいちゅうで精神的にまいってるときに(結構精神的に厳しい案件を受けることも多い仕事なので)、かんぜんにレッドビーに注意を向けられず、その間にまさか6月初旬に真夏並みの猛暑が繰り返すとは思っておらず、フッと水温を見てみると32℃だったと、、、

そうしてカウンセラー試験が終わる頃にはミナミヌマエビだけの水槽となってしまいました。>w<;
(第3水槽のほうは若干レッドビーも残ってます。)


レッドビーでいちばん大事なのは低水温の維持ですね。>w<;

いまさらですが身にしみてそう思いました。

これまで「ノンろ過システム」とか「ノンエアー」とか自然システムなどを駆使して、いろいろと独自の発想で解決していけるはずだと思っていたのですが、「夏場の水温だけはどうしたってムリかな…」というのが率直な感想でございます。



第3水槽(60cm)では水換えなしで硝酸塩濃度を減らしていくことに成功しそれと同時に稚ビーの成長が目に見えてアップして増えてきたりして、自分なりの道筋といいますか理論がかたまりそうであったのですが、水温が28℃を超えたあたりから状況がいっぺんしたというような状況でした。

稚ビーが成長しなかった第2水槽と、成長いちじるしい第3水槽の違いと考察などを発表できずにもうしわけありません。

ただやはり稚ビーの成長がなかった第2水槽の方が、水温に対してももろかったというのは、あたりまえのこととしてもデータに残ったのは良かったと思います。


水温問題を打破することがレッドビーの普及に大事なことと思っていましたが、もっとも難しいのがこの水温問題で、逆に言うと「部屋をクーラーで維持が可能な環境」か否かがレッドビーを維持して増やすことのできるもっとも重要なボーダーラインではないかとわたくしなどは痛感したしだいでございます。

夏場でもレッドビーを維持できるという点で、ブリーダーはとても偉大ですね!


ろ過とかバクテリアとか、それとミネラルなど栄養系ですかね、そう言うのは千差万別あると思いますし、だいたいはどうにかなるという代物かと思います。

ただ水温だけは一過性の壁と申しますか、「最初にして最大の壁」のように感じますね。

「これをどうにかしようなどと考えていたのが恥ずかしい」と思ってしまったほどの壁かもしれません。


ただ光明がないわけではなく、第2水槽の水温が30℃を超えたとき第3水槽は28℃でした。

実はこれ夏場を迎える前には、「おそらく第3水槽の方が水温があがりやすいだろう」と見込んでいたのでまったく逆の結果になったのですね。@w@

第3水槽のが水温があがるはずとみていたのは、第2水槽がオープンアクアであるのと違い第3水槽は上部フィルターとライトで、ほぼ水槽上部がおおわれていることで、熱がこもるだろうと思ったのと、小さい浮き草系が水面を覆っている為、いわゆる気化熱による水温低下が見込めないだろうと思っていたのです。

ですが結果としては第3水槽の方が水温の上昇を抑えられていた、というのは考察の必要があるところかもしれません。

まあ考える必要もなく「クーラーいれとけ」というのが一般的といいますか、アドバイスするとしたなら「クーラーによる水温維持」の一択です。><

ろ過とかバクテリアとか硝酸塩とか、そこらへんはどうともできるとわたしは思ってるのですが、水温だけはムリ、というのが今のところの率直な感想ですね。>w<;


RIMG0980.jpg

今のところアクアクーラーの使用はありません。ファンのみでの維持となります。

レッドビーに関しては第2水槽のほうは維持を諦め、第3水槽に一本化しました。しかしすでにレッドビーは非常に少ない状態です。

やはりアクアクーラーを2つ稼働というのは今年は難しい状況なので(世間で言われているエコや節電の意味ではなく、個人的に金銭面などでです)、水槽いっぽんで維持というスタイルにしました。

RIMG0981.jpg

いつでもアクアクーラーが稼働できるように準備だけはしております。


RIMG0982.jpg

ここらへんがひとつの壁ですね。

水温的にはもうひとつの絶望的な壁があるので、いかにしてその壁を超えるか、もしくは非クーラーでそのポイントまで達しさせないかというのがこれからのわたしの研究テーマになってくると思います。

今年はその「意外だった第2水槽と第3水槽の水温の違い」に焦点をあてた結果、「クーラーを使わなくても水温を維持できる方法」をひとつひらめいたのでそれでどんな水温になるか実験してみたいと思います。

その具体的な内容と方法については次回の記事にしたいと思います。

ちなみに我が家ではそれぞれの水槽にミステリーなんとかエビ(一匹で繁殖をするエビ)やコシオリエビ、テナガエビなどがいるのですが、それらの個体はいたって元気です。>w<




ランキングに参加しています。\>w</
ぽちっとクリック願いします。(*_ _)ペコリ ぜひぜひご協力願います。(*_ _)ペコリ 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村
スポンサーサイト
2011-08-01 : レッドビーシュリンプ : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
今の所、こっちは暑いというよりも寒いくらいです。
このまま、平穏に夏が過ぎてくれないかな?と願っています。
2011-08-01 09:07 : まるびえび彦 URL : 編集
こんにちは
本業の方で書き物をしていると、
ブログを書くのも一仕事ですね。

確かに温度管理は重要ですよね!
低すぎても高すぎても駄目なので
温度管理がしっかり出来て初めて
その他の事に手が回せると思います。
2011-08-01 14:05 : オスビー URL : 編集
No title
>>まるびえび彦さん

暑いというより寒いくらいって、うらやましいですね。@w@

こちらは6月過ぎには「歴史的猛暑だった去年を超える」と思わせる程の酷暑がありました。>w<;

温度があがらずに平穏に過ぎればそれにこしたことはないですね。>w<
2011-08-02 16:26 : マフダ URL : 編集
No title
>>オスビーさん
文章書くのは好きなんですが、バイトのほうは書きたいことを書くわけじゃないのでかなり消耗しますね。>w<;

一日に長く出来ないほど書くのがすぐ嫌になるので、慣れるまでは大変そうですw

水温管理がだいいちですね。>w<;
ただ水温さえクーラーで管理できる環境が作れれば増えそうなところまできました。>w</
2011-08-02 16:30 : マフダ URL : 編集
No title
お久しぶりです^^
記事ライターのお仕事をされてるんですね!
すごいな~♪

エビさんは、低水温には案外強いけど、
高水温には、弱いみたいですね><
我が家も、28度を超えると、なんとなく調子が・・・
という気がします。
クーラーを使わなくても水温を維持できる方法、楽しみです!
2011-08-06 09:57 : 桜心 URL : 編集
No title
>>桜心さん
お久しぶりでございます!

記事ライターは実はたいした仕事ではないんです。>w<;
でも文章力をあげたいんで前向きにモリモリがんばってます。
クーラーを使わなくても案外水温が上昇しないんじゃないかという仕組みを考えたのですが、あ、違うか…と考え直すところもあって少し調整中ですw

期待せずにお待ちください。>w<
2011-08-07 00:13 : マフダ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。