スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

新約 レッドビー溶存酸素論(倍満流)

というわけでまた更新がとどこおってしまってもうしわけありません。

なぜもうしわけないなんて言うかと申しますと、このような更新頻度であるにもかかわらず毎日20人以上のアクセス数があることに大変ありがたく感じておるのです。

(読者さまは神さまです。)

これがもっと詳しいアクセスログなどもすべて取れるアクセス解析のほうで確認すると、更新してない日に50人もの方が見にきてくださっているという日もありまして、ホントありがたく感じております。


わが家の状況は資格試験のほうに集中した結果、レッドビー水槽の暑さ対策が遅れ、また6月の段階で水温が32℃を記録してしまったことでほぼレッドビーは壊滅状態であります。

そのことで、「ひょとしたら倍満しゅりんぷ、心が折れてレッドビーの飼育に嫌気がさしたんじゃないの(悲しくて)?」と、様々なバッドケースを経験しておられるベテラン飼育者のかたなどは心配していらっしゃるかもしれませんが、そんなことは全然ありませんのでご安心くださいませ。

むしろ、「暑ささえ対策できればおれもう完璧だな。@w@」

と、うぬぼれているくらいの心もちでございます。



本当は書きたい記事もたくさんあるのですが、アルバイト中のライターの記事で書き疲れみたいなのがあるというのはこれまでも申した通りですが、それ以外にもちょっと忙しく、意識をそちらに向けてしまってなかなか倍満しゅりんぷに集中できない状況です。>w<;

来週の月曜日からはちょっと別の短期の仕事(2カ月くらいかな?)があるので、さらに更新が難しいかもしれません。

なるべく時間をとれるようにしたいのですけどね。

AQUAQUESTⅢの活動は停滞中でして、モニュメント号のロット3から販売活動をしていこうという予定だったのですが、意外と手がかかるので作るのがめんどくさいということで完全に製作がとまってしまってます。>w<;

こちらもチョイチョイ進めていきたいと考えております。




さて、レッドビー飼育の最大の壁は、「暑さ」だったということに気づいたので、今後はその対策がいちばんの問題としてとりあげていくつもりです。

レッドビー飼育の敷居をあげているのもやはりこの「暑さ」が根本的にあるのでしょう。レッドビーの普及率をあげることを第一に考えている倍満しゅりんぷとしては、この「暑さ」対策に尽力しないわけにはいかないでしょう。



今のところ暑さに強いぶりーでぃんぐをする。ローグレードでかまわないのでローグレードのなかでも暑さに強く、なおかつちょっとずつグレードもイイカンジにする、みたいな路線をめざしたい気持ちであります。

ですがこれは協力者がいなければ出来ないことかもなと思うので(例えば信頼できるブリーダーさんや飼育者さんに、様々な事情で暑い状況になってしまったにも関わらず、耐えぬいて生き残ったレッドビーを提供してもらいぶりーでぃんぐするなど)、ちょっと将来的な話になるでしょうね。


今後ブリーダーさんやレッドビー飼育者さんといっぱい仲良くなれるように活動をしていくほかないでしょう。


それ以外の暑さ対策としては、”飼育者たちが協力し合ってひとつのスペースを共有する”以外にはないのじゃないかなといまのところ思っています。

水槽を何本も管理しているようなブリーダーさんなんかは、もはや趣味を超えている部分がありますからクーラー維持で良いと思うのですけど、水槽数本で維持しているソフトユーザーはそうもいきません。(つまりこの部分の、レッドビーのエンドユーザーのことを考えていかねばいけないはずです)

そこでたとえば鉄筋コンクリートでエアコン付き物件を一間借りるとする。

そこでエアコン管理する。

夏場では今年の猛暑が来た6月の例もありますし、6月~8月まで3カ月借りる。

いまはわりと敷金礼金0の物件もありますし、駅そばである必要はないので郊外や田舎の安い物件を選ぶ。


「こういう条件で勇士をつのって共同で維持する」のがいちばん現実的なんじゃないかなと思いました。

まあいちおう鉄筋物件で考えると月7万円、くらいはしちゃうのかなって思ってたんですが、実際に調べてみたらひかくてき地価の高い神奈川県でも、橋本で最安値月2.2万円、管理費5千円、敷金礼金なしなんて物件がありました。@w@

橋本ならエリアとしては神奈川の県央地区だけでなく東京町田や西多摩のエリアまでカバーできるかもしれません。

すると計算すると3カ月で9万円。光熱費がいくらかかるかわかりませんが(クーラー管理したことないので)、一間で鉄筋なのでかかっても月3万として考えると、3カ月で9万円。合計18万円

まあ実際にはこんな簡単な計算にはならないと思いますけど、この6畳一間にラックを置いて最大3~4段は水槽を置けるのかな??

30cm水槽だったら最大60本は置けるでしょうね(30cm水槽は水量もかなり少ないです)。

これを30cm水槽1口として考えると、18万÷60で1口月3000円なんですね。

ここらへんの数字になるとかなり現実的な数字になるんじゃないかなと思います。


まあこれをブローカーになってやりたいと言う人がいれば仲介料などを差し引いてやればいいんです。

ですが現実的には個人でやるのは非常に難しいので(人脈と集客の問題で)、影響力のある熱帯魚ショップさんやレッドビープロショップさん、ブリーダーさんあたりが店舗やサイトで希望者を募集して、例えば60口満口になったら実施するという形にできればかなり素人や初心者やソフトユーザーの夏場の維持が現実的になると思うんですよね。

もちろん実施する場合はある程度のマージンをとってやるべきです。(つまりひとつの仕事として)

こうなるとその一間がけっこうレッドビーユーザーの交流の場になったりもするので楽しいんじゃないかと。

現実的じゃないですかね??むり???


わたしはかなりの偽善者なので地球にやさしくないことはしたくないので、たかが自宅の3台程度の水槽を、木造住宅でクーラーで維持するということがどうしても現実的に思えなくて(エコ的に)、するとアクアクーラーで管理するというのが次の選択肢になるのですけど、暑い夏場で排熱のあるアクアクーラーを使うことも少し抵抗がありまして(部屋が灼熱になる)、そう考えると暑さに強いレッドビーをめざすのが現実的かな…というふうにも考えてしまいます。


こういう感じでレッドビー飼育から離れてしまう人って、ソフトユーザーでは多いんじゃないかなーとも思います

わたしの夢のひとつは、えび天特別血統かえび天ジャンボ血統をそのまま混ぜずに維持することです。
ですがブリーダーになりたいわけじゃないので、水槽を何台も維持することはできない。

こういうわたしみたいな立ち位置の方もいるんじゃないですかね。@w@

もちろんわたしの場合たまたま出会ったヒマワリ君との思いでもあって思い入れが強いですが、地域ごとにいろんなスゴブリーダーやスゴプロショップがあって、そんなところでみるスゴえびを飼育したいけど、別にブリーダーになりたいとかクーラーで維持してまでやるつもりはない。

という人はいるはずなんです。そもそも熱帯魚というジャンルの趣味が、上の定義にあたるからなんですね。

高級なアジアアロワナを飼育したいひとは、高級なアジアアロワナを繁殖させて増やしたい人ではない。ただ飼育して観賞したいわけです。


レッドビーはそういうアジアアロワナやピラルクーのような水棲的な美の芸術性を比較的小さな容器で実現させてくれる。さらに観賞レベルでいうと1万円級でもかなりの視覚的快楽をあたえてくれる商品(言い方はわるいですけど)になりえるものだと思います。

ただし飼育となると夏場の高温に弱いというのは、かなり厳しいギャップがあるといわざるを得ないと思います。

イワナはかなりカッコよく観賞用としても優れた魚です。ですがあまりアクア界に普及してないと言うのはやはり水温に問題があるからです。そういうことと似てると思うんですよね。@w@

そこらへんのユーザーとバイヤーのズレを修正していく運動こそが、レッドビー業界を繁栄させていく鍵なのではないかと倍満しゅりんぷは考えております。



ちょっと、本来書きたかったタイトルの内容からかなり離れてしまいましたw

また酔ってるので、後日修正しないといけないですかね。わかりませんが。

今年の夏場の高水温の状況を見てみるに、夏場の高水温による溶存酸素率の変化による酸素の欠乏がレッドビーの致死率に影響しているのではないかという見方はいくつか見かけていましたが、高水温による溶存酸素量の変化の問題と夏場の水温に弱いレッドビーの問題は根本的に別問題だなと感じました。

高水温による酸素量の問題はほぼ関係ないんじゃないかなというふうに今のところは考えております。

わたしのレッドビー水槽では基本的に混泳飼育を基本としています(様々なケースと情報を得るために)。

水槽によっては強いハサミをもったコシオリエビ、やミステリークレイナントカも一緒に飼育してます。
ヤマトやミナミもそうなんですが、夏場でも平気なエビはいます。

もしも夏場の高水温による酸素量が問題だとしたら、これらのエビもやはり酸素量は少ないはずです。

そうなるとどうなんですかね、生物でこれだけ酸素量の影響差がでるということがあるのでしょうか。

生物がかつどうするにあたって、レッドビーだけが極端に酸素を消費し、酸素を必要としている。

という状況がどうにも想像つかないんですよね。

わたしはなんどか紹介している「ベタによる無換水環境による飼育」を研究テーマにしているので、ちょっと凶暴だったのでレッドビー水槽から離したテナガエビも、この環境ができあがった容器で飼育しています。

つまりろ過なし(いちおう容器内でアンモニアのサイクルはできてます)で、水の動きもなしです。でも全然元気で活動してますテナガエビ。

もちろんエアーや水の流れで酸素量をますにこしたことはないと思います。

ですが溶存酸素量が直接的にレッドビーだけに被害をもたらすという想像ができません。

ですのでやっぱり日本の川の魚のように、冷たい水に生きているものが暖かい水に対応できないことが夏場の高水温にたえない理由なのかなと思います。

高水温による溶存酸素量は関係ないんじゃないかなと。


もちろんこれはひとつの見方ですし、これが正しいというものではなありません。ですので反論などがあればぜひ教えて頂きたいと思います。



あとこれは私事にもなるのですが、ベタ環境で実現していた「無換水環境で硝酸塩値がたまらない環境こそベストだ」とこれまでは考えていたのです。

例えばベタの場合、カルキ抜きした綺麗な水などで水換え環境にしたほうが、無換水でアンモニア~硝酸塩までたまらない環境を実現した容器と比べると病気になる比率がだんちがいに高かったのと、その応用で作ったヘッケルディスカスの水槽で、これまで体色を悪くして機嫌が悪かったヘッケルディスカスがみごとな体色をみせるようになったことで「無換水環境で硝酸塩値がたまらない環境こそベストだ」と思ってました。

でもこれには少し穴があるようで、やはりどこかで水換えをしないといけないなと感じました。

週に一回1ℓとか、月に一回コップ一杯とか、そのあたりのわりあいはわかりませんけど、まる1年半もっていたとあるミジンコ容器がこの夏に崩壊したんですよね。@w@

レッドビー水槽でもほぼ足し水飼育だったんですけど、こちらも同様におそらくどのような割合でかはわかりませんが水換えをしないといけないと思いました。

夏場の崩壊以前に稚ビーが育たなかった第2水槽のほうは、そうした影響もあったのではないかなと思っております。



最後にもう一つだけ><


昨日の金曜日の夜、通院のついでに東京乃木坂の国立新美術館で9月5日(月)まで開催されている、”ワシントン ナショナル・ギャラリー”をみてきました。

これは本当にお薦めです!

わたしファン・ゴッホやクロード・モネ、ゴーギャンが好きなのでこれまでなんどかセザンヌの絵も見る機会がありましたが(同じ印象派の画家なので同列に並ばれることが多い)、この展覧会でのセザンヌはホンキのセザンヌが見れます!

絵画と言うジャンルは写真や画集などではわからない実物を見ないとわからない世界なので、結構レッドビーにも近い世界なんじゃないかなとわたしは思います。

↑の展覧会はマジでやばいです。


ゴッホの自画像、モネの絵も国宝級がならんでます。

わたしの好きなゴーギャンは少しレベル低そうな作品がいってんだけでしたが、それでも満足できる作品です。

ホント、セザンヌの一級品をはじめてみたので、感動してしまいました。(3時間も滞在してしまいました)

いままであまり好きじゃなかったルノワールの絵もあったんですけど、これもすごかったです。

画集ではわからないルノワールのすごさがありました。

価値感がかわりまくりました。


いままで知らなかった画家で、好きになってしまった画家も多数いました。

なかでも掘り出しものだったのはベルト・モリゾという方。めずらしい女性画家らしいんだけどすごく良かった。

他にもアルフレッド・シスレーの風景画、おなじくジュール・デュプレ、フランソワ・ドービニーの風景画は凄かったです(いままで知りませんでした)

そしてモネのアルジャントゥイユ!
有名な”日傘の女性、モネ夫人と息子”もあったんですよ。はじめて実物見ました。

ですがアルジャントゥイユという風景画と、太鼓橋というモネらしい蓮の絵がよかったですね。

そしてセザンヌ!、本気のセザンヌをみましたねー、マジですごい。そしてゴッホの自画像!


展覧会の画集を買ったんですけど、普段は画集を見てがっかりすることが多いんですけど(実物とあまりに違いすぎるので)、今回は意外と満足できました。ですので機会があれば写真などもアップできるかもしれません。


ですけど絵画だけはマジでほんもの見ないとその凄さはわかれませんよ! ですのでこの機会にぜひ今日か明日、国立新美術館にいってください><

こんなセザンヌみたことはこれまでありません。今後もたぶんこんな機会はおとずれないかもしれません。

首都圏近郊在住でまだワシントンナショナル・ギャラリーをみていないかた、ぎりぎり間に合うので(9/5まで開催)週末の土日でいってきてください!!!



すいません、酔ってます。。




ランキングに参加しています。\>w</
ぽちっとクリック願いします。(*_ _)ペコリ ぜひぜひご協力願います。(*_ _)ペコリ 

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村

スポンサーサイト
2011-09-03 : レッドビーシュリンプ : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おはようございます
色々考えていらっしゃるんですね。
自分は完全なライトユーザーなのですが
リビングに置いた水槽の為にエアコンを24時間
フル稼働させています(汗)
只、温度管理と水の管理さえ出来ればいい感じに
なるのではないのか?と思っているのが現状です。

特にブリーダーを目指しているわけではないので
完全に個人的な趣味の範囲で頑張っていくつもりです。
2011-09-03 06:19 : オスビー URL : 編集
No title
エアコン管理は、私も理想です。
しかし、現状無理!
仲間?と部屋を借りるアイデアはGood!
ただ、部屋の出入りに問題があるので、何処かのショップ
でやってくれたら良いのにね?

今年の夏は、何とかエアコン無しで過ごしました。

2011-09-04 04:34 : まるびえび彦 URL : 編集
インターナショナルで管理やってると思いますよ!? あとエアコン管理ってそれ程金はかかりませんよ 省エネタイプのエアコンになると扇風機回しっぱなしと変わらないし エアコンって電源入れる時に電気使うんで入れっぱなしのがいいんでは!? 冬なんかだとヒーターより経済的かも…
2011-09-06 12:19 : 紺虎 URL : 編集
No title
>>オスビーさん

おはようございます。
今読み返すと完全に酔っぱらった記事でしたがコメントありがとうございます。>w<;

価値感はさまざまなので特別にエアコン使用飼育を否定しているわけではありませんので。>w<

そういえばライトユーザーという位置づけもあるんですね。@w@
オスビーさんはブログのアクセス数がハンパないのでブリーダーになったら人気でそうですね。>w<
2011-09-10 20:07 : マフダ URL : 編集
No title
>>まるびえび彦さん

どうもエアコン飼育は抵抗があるんですよね。>w<;
そもそも人間用にエアコン使う機会がほぼないので、飼育目的でエアコン使うことに抵抗感があります。

なんというか、そういう家柄なんですw
クーラー管理してくれるショップもあるみたいです。@w@
2011-09-10 20:12 : マフダ URL : 編集
No title
>>紺虎さん

うちは父母と同居で、精神的なものや価値感みたいなもので100%反発されます。>w<;
結構料金的なものでなく、価値感的にムリな家庭なのです。><

調べてみましたが、ちょうどわたしが完全にレッドビーから離れていた時期にできてたショップさんですね。@w@
東京都内なら病院の時なんかも行けますし、来年の夏は預けちゃうかもしれません。>w<

しかも自分が想定した月3000円とほぼ同レベル、容器も想定してた30cm水槽と、まるで想像した通りの物件なので驚きまんた。@w@
2011-09-10 20:17 : マフダ URL : 編集
No title
ども~おひさしぶりです

一ヶ月エアコンいれっぱで月8000円とかだと思います^^うちの場合 他の月も5000円ぐらいだから3000円しか変わらない?wかな?

預かるならうちでもOKっすw 今年は週500円とかであずかりましたよ^^b
2011-09-21 00:48 : みつ URL : 編集
No title
>>みつさん

おひさしぶりでございます。>w<

ちょっとじぶんの場合は金額の問題だけじゃないので、費用はあまり変わらなくても預かってもらえるところがあると助かりますね!

なんというか「そんな家庭」なんですw

来年の夏場の維持がみえてきましたね。@w@
2011-09-28 22:14 : マフダ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ

現在アクアショップさま向けモニュメント号、水槽ディスプレイ用サンプルの送付は中止しております。 なお送付予約はまだ受付中ですので「モニュメント号をお店の水槽にいれてもよいですよ」というショップさまや、並びにモニュメント号についてのお問い合わせなどがありましたら、こちらへご連絡お願いいたします。 → aquaquest-3@hotmail.co.jp

プロフィール

マフダ☆

Author:マフダ☆
倍満しゅりんぷでは相互リンクしていただけるサイトを募集しております。
生きもの飼育関連のサイトをお持ちの方で、倍満しゅりんぷと相互リンクをしてもよいですよという方がおられましたら、お手数ですがコメント欄にご一報のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>ぺこり
最初から読んでいただけると嬉しいです。http://baimann.blog24.fc2.com/?all

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
情報いろいろブログ村


 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。